M字ハゲに効果的な育毛剤はコレだ!

育毛剤・発毛剤・養毛剤それぞれの違い!その特徴を理解しよう!

 朝起きると、枕に抜け毛が…

 シャンプーをした指の間や浴室の排水口に、抜け毛がごっそり…

 枕に、1、2本ならば、それほど気にしないのですが、「10本も!」となると、危機を感じるのは誰しも同じですね。しかし、抜け毛は、平均で、1日50?100本と言われます。枕の10本はさほど気にかける必要もない気がしてきます。しかし、安心できる状況ではない場合もあります。

 それは、抜け毛の原因が問題だからです。新陳代謝による抜け毛は問題ないのですが、強いストレスや頭皮環境の変化、ヘアサイクルの乱れなどに起因する抜け毛は、際限なく続く、1日に1000本という「抜け毛地獄」への入口かもしれないからです。

 まずは、抜け毛の基礎知識から学んでみましょう。

[正常なヘアサイクル・髪の毛の「誕生」から「終末」まで!を理解しよう]

 髪を一本抜いてみてください。

「貴重な資源が…」とお思いの貴兄こそ、基礎知識のためです。勇気を持って!

抜いた髪をご覧ください。
moukon
髪の根元に白く透明な部分が見えますね。これが「毛根」です。髪は、「毛幹」と呼ばれる、頭皮から外に出た部分と、皮膚に隠れた「毛根」から成り立ちます。

 私たちが普段「髪の毛」というのは、「毛幹」の部分を示すことが多いようです。

「髪が伸びた」というときに、「毛先が伸びた」と考える人もいるかもしれません。しかし、実際は、「毛幹」の部分、つまり頭皮に隠れた部分が成長し、「毛幹」が長くなるのです。

「毛幹」は、さらに「毛球」と「毛乳頭」「毛母細胞」「皮脂腺」からできています。

 それぞれの役割分担は

「毛母細胞は、髪を伸ばす」

「毛乳頭は、毛母細胞に『髪を伸ばせ』と指示をする」

「毛球は、毛母細胞、毛乳頭の保護」

「皮脂腺は、頭皮の乾燥を防ぐために、皮脂を出す」

となります。

 先ほど、「「毛幹」の部分、つまり頭皮に隠れた部分が成長し、「毛幹」が長くなる」と書きましたが、細かく見てみると、「髪が成長するのは『毛母細胞が分裂し、頭皮の中から押し上げるように成長する』ということができます。

 髪は、1日に約0.5mm、1ヶ月で約1.2cm成長します。1本の髪が、一生伸び続けるわけではなく、1本の髪が4?6年で、その一生を終え、再び、「毛母細胞」から「新たな髪」が芽吹きます。

 つまり、

「成長期→休止期→脱毛→新生・発毛準備期→再び成長期」

と繰り返されることになります。これを「ヘアサイクル」といいます。

 当然のことながら、すべての髪が一緒のヘアサイクルということはなく、それぞれの髪が順序よく生まれ変わります。

 私たちが「脱毛、薄毛」で悩むのは、「休止期」「脱毛」「新生準備期」の部分に時間がかかったり、脱毛した後、新生準備をしなくなってしまったことによります。

「ヘアサイクル」の中で、「脱毛」は誰にも来るもの。

「成長期」「新生準備期」は豊かな髪のための手立てが取れる時期ということもできます。

[育毛剤、養毛剤、発毛剤 違いは? ターゲットとする時期!]

「育毛剤も養毛剤も発毛剤も、どれも同じでしょ?」と思われている方も多いです・・・。

いえ、違うのです。ヘアサイクルを理解したあなたなら、ピンときたはず!

育毛剤

 ヘアサイクルの中で、成長期・休止期の髪と頭皮、つまり、今生えている髪を育と頭皮環境を整えることに特化したものを「育毛剤」と呼びます。

 医薬部外品に分類され、医薬品と比べ、効果は少ないと言わざるを得ません。

「育毛剤」の狙いはあくまで、今生えている髪を太くする、細くなるのを予防すること。

 決して、髪の毛の数が増やす、薄毛が解消されるというものではありません。

 厚生労働省が許可した「有効成分」が含まれていますが、医薬品ほどの強い効果は期待できないということです。

養毛剤

 次に、「養毛剤」は、髪の毛自体への働きかけではなく、頭皮環境を整えることに中心があります。分類も、医薬部外品よりも効き目が薄いとされる化粧品の扱いです。

 しかし、頭皮環境は、健康な髪の元になるものですから、全く効果がないというわけではありません。

「育毛剤」と「養毛剤」は、農産物の栽培に例えるならば、健康な作物を作るための土作りに役立つものということができます。「肥料分を多く蓄えた良い土」からは、「良い作物」が収穫できます。

 土は頭皮、作物は髪の毛ということですね。

 では、その主成分に目を向けてみましょう。

育毛剤や養毛剤の成分として、よく耳にするのが、センブリエキスです。

 リンドウ科の植物「センブリ」から抽出される植物エキスであり、血行の促進や細胞分裂の活性化が期待される天然成分です。

 他にも、苦参エキス(マメ科の植物クララの根のエキス)、朝鮮人参エキスなどが有名で、どれも、頭皮の血行を良くする効果があるとされるものです。

 また、潤いのある頭皮が髪の毛を育てることもあり、アロエ抽出液やイチョウ葉エキス、海藻エキス、アルテア抽出液なども成分に含まれます。

 どれも天然成分であり、副作用の心配はほとんどありません。

発毛剤

最後に、「発毛剤」

 「発毛剤」は、医薬品です。厚生労働省の認可のもとに製造販売されます。つまり国のお墨付きです。反面、医薬部外品や化粧品より、副作用の危険性は高まります。

 狙いは、「脱毛から新生・発毛準備期」この時期の、毛母細胞に積極的に働きかけ、発毛を促進します。医師による処方の元、使用することが大切です。

 ある程度の副作用は覚悟しなければならないかもしれません。しかし、副作用は怖い。発毛剤を使うとき、その副作用もしっかりと理解して用いることが、患者の側でできる準備です。

 発毛剤として有名な、「ミノキシジル」や「プロペシア」は、副作用の症状として

  • 血管拡張作用が強いため、心臓・血管への負担増
  •     

  • 血圧効果作用のため、眠気や頭痛、倦怠感
  • 頭皮の成長を促すため、皮脂の分泌過多によるかゆみ
  • 頭皮ばかりか、体全体の血行が促進されるため、体毛が増える
  • 女性が使った場合、不妊に陥りやすい。男性には精力減退の可能性あり

 使用者が「必ず!」というわけではありませんが、中高年のみなさんが使用する際には、注意が必要です。

 髪の毛は生えても、命の危険や男性としての喜びを犠牲にするのは、代償が大きすぎますね。また女性にとっても、不妊は辛いものです。

 このように、副作用が予想されるだけに、きちんと医師と相談することが大切なのです。最近では、海外からの個人輸入などで、医薬品を購入した話も聞こえてきます。危険この上ないい、謳い文句を信じて、危険な医薬品を手にすることは、避けましょう。

[副作用の少ない発毛剤はないか?天然成分由来のキャピキシルに注目!]

 ここでは、「できる限り、安全な!」発毛剤を選ぶという観点から、キャピキシルに注目してみましょう。なぜなら、副作用のない育毛剤・養毛剤と同じ、天然由来の成分であるからです。

 精神的なストレスもそうですが、頭皮のストレスもまた、薄毛にとって大敵です。頭皮ストレスは、身体に負担がかかること、「髪は生えたけど、頭がむず痒い」「あ?、ヒリヒリする」、そんな発毛剤では、結局は「百害あって一利なし」

 やはり天然成分由来の育毛剤が安心できます。

 『キャピキシル』は、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」の成分を融合させたもの。細胞マトリクスの修復作用を持つことで有名です。人体の失われた部分を再生するために用いられ、驚くことに、「欠損した指が再生した」「やけどの皮膚の修復に効果があった」との報告があります。

 この高い修復作用が、育毛のために用いられて、効果がないわけがありません。つまり、死滅してしまった毛根を復活させる効果が期待されるわけです。

 さらに、脱毛ホルモン還元酵素(5αリダクターゼ)の抑制効果も確認されています。

 キャピキシルには「再生効果」と「脱毛抑制効果」の2つの働きが期待できるわけです。

 一方、『キャピキシル』は、天然成分であるため、「ミノキシジル」や「プロペシア」と比較すると、副作用が少ないといえます。

 さらに育毛効果の調査では、「ミノキシジル」の約3倍の効果があるとの報告があります。

 天然成分で安全、効果も3倍となれば、手にしたくなりますね。


[効能を活かす努力!新発想、シャンプーリンスの使い方]

育毛剤や養毛剤

健康な髪を育てる条件とは、

?頭皮の血行

?体や心、頭皮のストレス回避

?食事による栄養補給

が挙げられます。育毛剤、養毛剤の狙いとするところと重なる部分が多いですね。

現在の自分の頭皮の状態を確認するには、皮膚科の受診をお勧めしますが、

その前に、自己診断!

「頭皮の硬さ=血行不良」は事実。

 頭皮が硬くなるのは、毛穴に詰まった皮脂や汚れが原因です。そこで皮脂や汚れを取り去る工夫が必要になります。

では、どうしたら皮脂・汚れを取り去ることができ、健康な頭皮を作ることができるのでしょうか。

「シャンプーだな!」と思った人、正解です。

「最近では、男性用に頭皮ケアのシャンプーがある。それを使いなさいということか。」と思った人、不正解です。家族と共用のシャンプーでも良いのです。

「シャンプーが答え?」

 これまでもシャンプーはしてきたはず。にもかかわらず、頭皮が硬い方は、シャンプーの仕方に問題があったのでは?

 より良いシャンプーの仕方をお勧めします。

まずシャワーで、髪の毛自体についた汚れを流します。2分程度髪の根元から汚れを流してください。ここまでは多くの人が行っていると思います。

 次に、シャンプーを手にとって…これが間違い!

 リンスを手にとってください。そして、できる限り頭皮につかないように髪全体になじませます。その後、リンスを洗い流して、ここからがシャンプーの出番ということになります。

 頭皮を揉むように髪の根元をしっかりと洗います。髪自体の汚れは、リンス前の汚れ流しで十分に落ちていますので、軽く洗う程度で十分です。

シャンプーを洗い流したら、再びリンスやトリートメントで、髪に潤いをもたせます。

このような「リンス→シャンプー→リンス」のルーティンをお勧めします。

「シャワーで髪を流し、シャンプーへ」通常の手順を踏んだ時、シャンプーしながら、「髪がひきつれる」「引っ張られたようで痛い」という経験はありませんか?

 それこそ、髪や頭皮に危険な刺激となります。

 それを克服するには、「スムーズな指通り」が絶対条件です。そのために活用できるのがリンスというわけです。柔軟性を増した髪が、シャンプーによる髪ストレスを軽減してくれるとも言えます。

 私の家では、シャンプーとリンスの減り方が極端に違っていました。シャンプーやリンスも「生もの」ですから、開封当初から使い終わりまでに、少しずつ劣化していきます。そうならないように各メーカーとも努力していますが、新鮮なものが良いのは食べ物と一緒。

「リンス→シャンプー→リンス」の手順を家族全員が取るようになってから、シャンプーとリンスの減りが均等となり、詰め替えがほぼ同時にできるようになりました。

 あくまで二次的なことではありますが、シャンプーリンスの詰め替えも、家事の一つ。同時にできれば、家事の軽減にもつながっていきます。

健 康な頭皮に、育毛剤や養毛剤、発毛剤が浸透する。効果倍増が期待できますね。

[健康な体に、健康な髪は宿る!]

 育毛剤や養毛剤、発毛剤は、私たちの強い見方ではありますが、やはり大切なのは、健康な体。健康な体に、健康な髪は宿ります。

「健全な育毛は、健全な肉体から」

という観点から、視点を変えて、体の内側、特にホルモンバランスについての知識を得ておきましょう。

「男性ホルモンが多い人は、ヒゲが濃い!」

聞いたことがありますよね。

同じ毛なのだから、男性ホルモンが多い方が髪の毛が多いような気がしますが、それは間違い!

 男性ホルモンは体毛の増加は促しますが、髪の毛の成長を促すのは女性ホルモンです。

 女性ホルモンの中でも特に注目したいのが、女性ホルモンの1つ、「エストロゲン」です。

「エストロゲン」は、コラーゲンの合成を促す働きがあります。肌のツヤばかりでなく、髪の「ツヤ」や「ハリ」ももたせてくれます。当然、髪の成長にも必須のホルモンです。

 男性だからといって、女性ホルモンを持っていないわけではなく、髪の成長には、女性ホルモン「エストロゲン」が大きく影響しています。

 しかし、残念なことに、「エストロゲン」の分泌は、20?30代をピークとして、徐々に下降傾向。50代になると、急激に減少していきます。

「じゃあ、薬などで、女性ホルモンを増やせば、豊かな髪になるのでは?」

体が女性化してしまうリスクを考えなければ、それも可能かもしれません。しかし、健康な体があってこその髪ですから、ホルモンバランスを整えながら、育毛生活を送りたいものです。

「髪の毛の成長の時間は、眠っている時間」

という研究結果があります。つまり、睡眠中に、分泌される成長ホルモンのおかげということができます。

 正常なホルモンバランスのためには、睡眠、栄養、ストレス回避などに気をつけましょう。

 次に、ホルモンバランスを保ち、健康な髪を育てる「食事」に目を向けてみましょう。

「食べるものは、身体になっていくから」というCMの言葉が、そのまま、育毛にも当てはまります。

「髪の毛って、タンパク質でできているのだから、牛肉、豚肉のタンパク質を多くとれば、髪も増えるのでは?」

そうです、確かに、髪の毛はタンパク質でできています。しかし、動物性たんぱく質の過剰摂取は、消化吸収に時間がかかります。それだけ身体への負担が大きいということ。

 また、脂質も多いため、皮脂を作り出し、頭皮環境に悪影響を与えることも考えられます。

 同様の理由で、インスタント食品やファーストフード、スナック菓子も決して、髪に良い食べ物と言えません。

 一方で、「植物性のたんぱく質の摂取は、育毛に効果あり」です。

 豆腐や納豆など大豆製品は、ホルモンバランスを正常にする働きがあります。大豆に含まれるイソブラボンは、体内で、女性ホルモンに似た動きをするため、育毛には有効とされています。他にも、ナッツ類、牛乳、卵、鶏肉、レバー、魚介類、鮭、バナナなどが有効な食べ物としてあげられます。

 牛肉、豚肉は育毛を阻害し、鶏肉は育毛を助ける。それぞれの肉の持っている脂肪の質が、この違いを生んでいます。

 体の内側から、育毛環境を整える、つまりホルモンバランスを正常に保つための食事にも、目を向けることが大切なのです。

[努力は実る!育て、養い、発する髪!]

 近年、抜け毛の悩みは男性ばかりでなく、女性にも広がっています。女性の場合、ホルモンバランスの乱れからくる脱毛は、閉経後に多くみられ、深刻な悩みにつながります。男性も同様に、加齢に起因する脱毛もあります。

 脱毛の原因は人さまざま、体質や年齢、ストレス、生活習慣、これらの原因に、一つ一つ対処していくことは大変ですが、改善できないことはありません。

 精神的ストレスの回避や飲酒喫煙などの生活習慣は、一人ひとりの心がけで、改善できる項目だと思います。

 自分の脱毛の原因を把握して、適切な対処をすることをお勧めします。

 髪は女の命!男の自信ですから!

M字型に効果的な育毛剤プランテル
プランテルを4ヶ月使用した効果
M字型のための、M字型用の育毛剤の決定板!
M字型用育毛剤。1プッシュミストタイプ。1本で約50日分。厚生労働省認可(医薬部外品)。 M字型にはM字型用育毛剤を、薄毛の原因は男性ホルモンの影響が強く、その男性ホルモンをいかにして抑制するかを追求したM字型でお悩みの方向け育毛剤
プランテルサプリ
効果を実感できなかった方のために全額返金保証あり!毛活実感率98%!定期お届けコースでさらにお得な3大特典あり。
フェルサ
今なら1個無料でもらえる!初めてのフェルサは「初回のみ1個プレゼントコース」でお試しください。今ある髪を大切に育てたい方向けの育毛サプリ!
bubka
効果を実感した利用者98.1%!30日間の全額返金保証あり。定期購入でサプリが毎回プレゼント。最低でも3ヶ月-半年以上のご使用を推奨。
チャップアップ育毛剤
チャップアップの価格
チャップアップは優秀な品質の育毛剤であることは間違いありません。
使用感満足指数97%!20代の気になり始めた方から50代の諦めかけている方まで。使用者の100人中97人が良かったと答えた話題の育毛剤!