M字ハゲに効果的な育毛剤はコレだ!

ノコギリヤシで女性化、中性化するという噂は本当なのか?

薄毛対策に効果があると言われている成分には、さまざまなものがあります。その中でも「ノコギリヤシ」は、薄毛予防に有効だと注目を集めています。しかしノコギリヤシを飲みすぎると「女性化してしまう」という噂が流れています。じっさいのところ、真相はどうなのでしょうか。

ノコギリヤシとは?

ノコギリヤシは、アリゾナやメキシコなどの中央アメリカあたりに生えている植物です。昔からアメリカ大陸で暮らしていたインディアンは、ノコギリヤシをさまざまな用途に用いていました。

ノコギリヤシの実は食べることもできますし、果実を絞れば油としても使用できます。さらにインディアンは、乾燥させたノコギリヤシを薬として服用していました。ノコギリヤシは強壮剤や利尿剤として利用されてきたのです。

1960年頃から、このノコギリヤシは欧米の医学界で研究されるようになりました。そうして複数の研究や臨床実験により、ノコギリヤシは前立腺肥大症に効果があると認められています。じっさいにイギリスやフランスなどのヨーロッパ諸国では、ノコギリヤシは医薬品として認定されているほどです。

ノコギリヤシの働き

前立腺肥大症の原因はハッキリとは特定されていません。

しかし男性ホルモンが影響を及ぼしているのは間違いないだろうと言われています。一説には、前立腺で増加したDHT(ジヒドロテストステロン)が、前立腺細胞の異常増殖の引き金となっているとされています。

DHTは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」によって変化したものです。ノコギリヤシは、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑える効果があると考えられています。

またノコギリヤシには、生成されてしまったDHTが働きかける受容体の感度を下げて、影響が少なくする働きもあるのではないかと言われています。

さて、前立腺でDHTが増えると前立腺肥大症になるわけですが、このDHTが毛根に集まると、今度はAGA(男性型脱毛症)の原因になります。ノコギリヤシは5αリダクターゼに働きかけるものですので、AGAの治療にも効果があるのでは考えられたわけです。そうしてノコギリヤシは、育毛サプリなどで使われるようになってきているのです。

ノコギリヤシと女性化

先に結論を述べると、ノコギリヤシの服用により女性化現象があらわれたという、信頼できる研究結果はなされていません。乳房肥大などの症状が出たという人がいたら、他のものの影響かプラシーボ効果である可能性が高いと思われます。

そもそもノコギリヤシは天然成分で、その効果は緩やかなものです。即効性が無いかわりに副作用もおだやかで、ごく一部の人にめまいや頭痛などの軽い症状が出たという報告がなされている程度です。ノコギリヤシで女性化する可能性は、低いと言えるでしょう。

なぜノコギリヤシで女性化すると思われたのか?

ノコギリヤシには、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるとされています。これはAGA治療で真っ先に使われる「フィナステリド」と同様の効果です。

フィナステリドは「プロペシア」や「フィンペシア」などに含まれている成分ですが、効果が強い分、副作用もあらわれやすくなっています。

医薬品では、添付文書に想定される副作用などが明記されています。プロペシアの場合、副作用の中に「乳房肥大」という項目があります。つまりフィナステリドを摂取した場合、胸が大きくなるケースがあると公に認められているということです。

プロペシアの副作用には、他にも性欲減退や勃起機能不全などもあり、これらを総合すれば女性化する可能性があると言っても間違いではないでしょう。

ノコギリヤシに女性化の疑いがかけられたのは、フィナステリドと効能が似ているために、副作用が混同されてしまったからではないかと思われます。

フィナステリドで女性化するのはどうして?

フィナステリドには5αリダクターゼを阻害する働きがありますが、それ以外にも男性ホルモン自体を減らしてしまう作用があるのでは、と考えられています。

と言っても、フィナステリドを飲んですぐに男性ホルモンの生成が抑えられたりするわけではありません。基本的には、フィナステリドは5αリダクターゼに働きかけるだけで、男性ホルモン生成を阻害するような効果はありません。

しかし長い間フィナステリドを服用していると、体質が変わって男性ホルモンが作られにくいようになってしまうのでは、という疑いがあります。

はっきりとした因果関係は証明されていませんが、フィナステリドを使い始めてから2年後に乳房肥大の症状があらわれたというような人もいます。フィナステリドの長期服用で、体質変化が起こるという可能性は否定できないでしょう。

こうした観点に立つと、ノコギリヤシでも長期使用すると同じ症状があらわれるのではないかという疑問が生まれます。しかしノコギリヤシは効果が穏やかなため、そうした事態が起こる可能性は低いと考えられます。

フィナステリドの摂取量は1日に1ミリグラムとされていますが、ノコギリヤシの推奨摂取量は1日に320ミリグラムです。これほど効果に差がありますから、推奨摂取量を越えて大量にノコギリヤシを服用するなどしない限りは、問題が起きる可能性は低いと言えるでしょう。

ノコギリヤシ服用の注意点

ノコギリヤシで女性化することは考えにくいことですし使用に問題はありませんが、それでも注意すべきことはいくつかあります。

ノコギリヤシと育毛効果

まずノコギリヤシを育毛対策として使う場合、その効果が完全に立証されているわけではないということを覚えておきましょう。ノコギリヤシはヨーロッパ諸国で医薬品と認定されていますが、それは前立腺肥大症などの治療薬としてです。

前立腺肥大症とAGAはともにDHTが原因と考えられているため、同じようにノコギリヤシで症状が改善される可能性は十分にあります。しかし体の部位によって、同じ成分でも違う働きになってしまうというようなケースも少なくありません。

前立腺肥大症に対する医薬品として研究されてきたこともあり、育毛とノコギリヤシの因果関係についてはまだ明確な答えは出されていません。期待する効果が発揮されない可能性もあるということは、肝に銘じておいた方が良いでしょう。

ノコギリヤシと副作用

ノコギリヤシは副作用の危険が少ない成分ですが、使ってはいけない人もいます。

まず妊娠している人や、赤ちゃんを産んだばかりの人はノコギリヤシを服用してはいけません。ノコギリヤシは性ホルモンに関係するものですので、赤ちゃんに悪影響がもたらされる危険性が考えられます。

体の発達が未熟な赤ちゃんの場合、少量の成分でも重大な問題が引き起こされる可能性もありえます。いくらノコギリヤシが天然成分だと言っても、念のため服用は控えておいたほうが賢明でしょう。

また手術を受ける予定がある場合も、ノコギリヤシの服用は控えなければいけません。ノコギリヤシには、血をサラサラにして固まりづらくするという作用もあるとされています。この作用により、出血が止まりづらくなる可能性が想定されます。

手術によって大出血が起きると命の危険にさらされることもありえますので、手術を控えているならノコギリヤシの服用は中止しましょう。

M字型に効果的な育毛剤プランテル
プランテルを4ヶ月使用した効果
M字型のための、M字型用の育毛剤の決定板!
M字型用育毛剤。1プッシュミストタイプ。1本で約50日分。厚生労働省認可(医薬部外品)。 M字型にはM字型用育毛剤を、薄毛の原因は男性ホルモンの影響が強く、その男性ホルモンをいかにして抑制するかを追求したM字型でお悩みの方向け育毛剤
プランテルサプリ
効果を実感できなかった方のために全額返金保証あり!毛活実感率98%!定期お届けコースでさらにお得な3大特典あり。
フェルサ
今なら1個無料でもらえる!初めてのフェルサは「初回のみ1個プレゼントコース」でお試しください。今ある髪を大切に育てたい方向けの育毛サプリ!
bubka
効果を実感した利用者98.1%!30日間の全額返金保証あり。定期購入でサプリが毎回プレゼント。最低でも3ヶ月-半年以上のご使用を推奨。
チャップアップ育毛剤
チャップアップの価格
チャップアップは優秀な品質の育毛剤であることは間違いありません。
使用感満足指数97%!20代の気になり始めた方から50代の諦めかけている方まで。使用者の100人中97人が良かったと答えた話題の育毛剤!